芸能ニュース

新海誠監督の性癖と童貞臭は健在か『天気の子』でも発揮して欲しい

こんにちは、ショウゴです。

先日、新海誠監督がTwitterにて新作映画『天気の子』が完成したとのつぶやきが!

『君の名は。』から3年ということで否が応でも注目されています。

公開が7月19日ということで僕自身待ち遠しい気持ちで一杯なんですが、この監督、作品も凄い面白いんですが監督自身も中々興味深い人なんですね。

なので今日は新海監督についてまとめたいと思います。

先に断っておきますが、僕は新海監督大好きです。

批判してるわけではないのでそれを踏まえて御覧ください。

スポンサードリンク

新海誠プロフィール

名前:新海誠(本名:新津誠)
生年月日:1973年2月9日
出身地:長野県南佐久郡小海町
職業:映画監督、作家

新海監督はこれでもかと自身のフェチズムを作品に入れる人

十代の男の子たちによる唾液フェチへの言及の一コマですが、監督の作品てこういう要素が散りばめられています。

そしてその映像美からなんとなく「あーこの人にはこれがこんな風に見えてるんだな、確かにいいね、わかる」ってなるんですよ!

『言の葉の庭』では脚フェチへの並々ならぬこだわりを感じさせましたし、良くも悪くも気持ち悪いです。

クリエイター、表現者として自分の好みを入れるというのは当たり前なんですが、新海監督の場合は自身の性的な好み、いわゆるフェチズムをめっちゃくちゃ入れます。

それが良いし、他の作品と一線を画すスパイスになってると思うんですが、ここまで露骨に入れる人って中々いない気がします。

似たような方だと宮崎駿監督でしょうか、あの人もいわゆる少女が好きでロリコン気質なとこがありましたよね。

宮崎駿監督には鈴木プロデューサーというストッパーがいましたが、新海監督にはそういった人はいるんでしょうか?

作品を見る限りまだまだ趣味全開って感じですけどね!

不倫しても抜けきれない童貞臭

君の名は。旋風に乗っかりこの人不倫報道なんてされちゃってますけど、思うに監督の中で「恋は実らない」っていうのがデフォルトであるんじゃないかと思います。

新海監督の作品は初期の頃に比べると大衆受けする手法を取り入れつつクオリティも上げに上げて凄まじいものになってます。

『君の名は。』までの作品では男女がすれ違ってばかりだったのがようやく会えたというところが一番大きかったです、ようやく会えたという新海ファンの数年越しの思いが実った瞬間でした。本人は今までの作品もバッドエンドのつもりはなかったなんて言ってますがやはりファンからは嘆きの声が多かったですね。

『君の名は。』も監督の最初の案はすれ違いして終わらせよとしてたみたいです。

違うでしょ!そうじゃないでしょ!

思うに監督自身に「女を口説いて落とした」という実感がないのではないでしょうか、作品の童貞臭はそのために起きてるのではないか。

加えて作品に登場するような年上のお姉さんも凄まじいです。

精神的に弱っててアンニュイな自分を受け入れてくれる女教師(言の葉の庭の百香里)や高校生と遊びに行くのに肩出して露出多めの服を着る主人公に興味を持ってる女子大生(君の名は。の奥寺先輩)なんか童貞の妄想がこれでもかと入ってそうな人たちじゃないですか?

ここまでソースのない完全な僕の妄想ですが、これを意識的にやってたとしたら大分凄いですよ。

僕としては間違いなく新海監督は「そういう」女性が好きなんだと思ってます。


いかがだったでしょか?

いい意味での新海誠監督の気持ち悪さが伝われば幸いです。

さて、そんな中新作『天気の子』で新海監督は興味深い事を言い出しました。

新海監督はインタビューで「賛否が分かれるメッセージを込めた」と語ったといいます。

・・・これはまずいのでは!?

またボーイとガールがミーツしないのでは!?!?

でもだからこその新海ワールドでは!?!?!?

既にちらほら漏れてる情報では君の名は。でやった純愛の逆をいくテーマらしいです!!

ネトラレ破局説濃厚なのでは!?

キニナル中身は二週間後に!

スポンサードリンク