マンガ

デスノート新作読切!主人公は別人!ネームをジャンプ+で公開中!

こんにちは、ショウゴです。

今日は毛色を変えて漫画の話題です。

デスノートの新作が制作されるそうで、公式から発表されましたね。

13日にジャンプ+でネームが公開され、全87ページの大ボリュームということもあって大きな反響があったようです。

何と言っても世界的に大人気なデスノートですから当然と言えば当然でしょう。

僕も大好きです。

スポンサードリンク

主人公は誰?どんな話?

今回のノートの所有者は学校の成績自体は普通か、むしろ悪い高校生。

しかし、決してバカではなく知能指数自体は高いようです。

そんな彼はデスノートを手にして直感的に危険な物を手に入れてしまったと悟ります。

死神リュークやノートといかにして有効的に手を切るかを考えるという今までにない切り口で物語が展開していきます。

主人公の名前はミノル

表札には「田中」と書かれていたので「田中ミノル」で確定ですね。平凡極まってます。

原作の大場つぐみさんは「夜神月」の名前を決める時も人の生死が関わる作品なので主人公の名前はできるだけあり得ないものにしたとおっしゃっていたのでアプローチは違うものの今回もそういう意図があったと思われます。

残念ながら月(ライト)が全く出てきません。

まあ既に死んでいるので当然と言えば当然なんですが、、、。

リュークやニアは?

死神リュークはもちろん出てきます。

何と言ってもリュークが動かなきゃ始まらない、狂言回し的なポジションですから相変わらずリンゴをかじりながら色々とやってくれます。

ニアも出ることは出るんですが、ノート自体使われないので部屋にこもってぶつぶつ言ってるだけです。

正直いなくても良かった気がしますが、ファンサービス的な位置づけなんでしょうか。

ネットの反応は

  • オチは死神界側がちょっと悲境に感じたけど主人公の計画の秀逸さがとても良かった。
  • ネームからも伝わる天才っぷり
  • 主人公かわいそうすぎん?
  • やっぱりリュークが一番悪い
  • この理不尽感がたまらない。人間レベルの良識なんか死神にとってどうでもいいってのが良いですねー。
  • ネームでこの面白さはヤバイ!本当に圧巻でした!
  • リンゴ農家が世界一の権力持てそう
  • キャラもノートの使い方もオチも最高
  • 冒頭軽く読んで、あとは雑誌掲載を待つつもりだったんだけど、気が付いたら最後のページに

こんな感じで絶賛の嵐でしたね。

もちろんファンがこぞって見てるわけですからある程度バイアスはかかってるでしょうが、それでも否定的な意見は見受けられませんでした。

まとめ

つまるところ面白いの?って声が聞こえてきそうですが、面白いです。

流石大場つぐみ

読んでてなるほどと思わされますし、読み終わった後は自分だったらデスノートを手に入れたらどうするだろう?

と考えさせられます。

僕が手に入れたとしたら、、、嫌いな上司とかいますけど、上司の家族とか色々考えちゃってダメでしょうねえ、、、

以前の読み切りのCキラにさえなれません。

あ、Cキラが気になる方はジャンプ+でそちらの読み切りも読めるので是非読んでください。

新作読切の原稿を見たい人は小畑健展に行ってください。

冒頭10Pが7/13-8/12まで公開されているようです。

そして、完成版はジャンプ本誌で掲載予定となっていますが、残念ながら時期は未定なので僕は気長に待ちます。

スポンサードリンク