マンガ

ラグナクリムゾン5巻【感想】今どこよりもとびっきり熱い漫画

こんにちは、ショウゴです。

今日はおもいっきり趣味に走ります。

ブログなんで好きにやれって感じですが、方向性がないと読者ってつかないもんなんですかね?

まあ気にせず本題に

 

ラグナクリムゾンっていう漫画知ってますか?

個人的に今一番続きが気になる漫画です。

俺TUEEE系の漫画で、本当に面白い。

最初の数話で泣けます。マジで。

ガンガンJOKERで連載してるんですが、僕の生活圏で売ってないんですよね。

なので雑誌も単行本もkindleで購入。

今日はラグナクリムゾンの第5集発売日で、早速手に入れたので感想を書いていきたいと思います。

近いうちにラグナクリムゾンの記事とかも書きたいなあ。

スポンサードリンク

欠損系ヒロインの初恋

正直、まさかこの漫画にラブコメ要素入れてくるとは思いもよらなかったです。

主人公にはほぼ両想いの大好きな女の子がいるので背表紙に作者のヒロインやっと出せたーってコメント見て凄いびっくりしました。

幼馴染置いてけぼりなのか、、、もう登場しないんだろうか、、、

しかもこの姫様、初登場の時点で竜を焼いて食ってるし、両腕はないし割と傍若無人だしでおよそヒロイン要素というものが無いんですよ。

あんまり人気出なそう、、、と思ってたんですが

五巻でのラブコメ具合がめっちゃ面白くてそれだけでもずっと見てられます。

スターリアの姫様、感性が独特すぎて主人公がこんな風に見えてるらしい。

初見の時はなにこれ面白すぎる、作者どういう発想なのとニヤニヤしっぱなしでした。

戦闘や知略、謀略のシーンが面白くてこの漫画のファンになったんですがラブコメまでいけるなんて凄まじいですよ。

めっちゃ売れてほしい。ていうか売れて。

狂操竜、爆塊竜との戦争開始

 

もうね、いちいちデザインが中二心をくすぐりまくってますよ。

本当に最高。

連載が続けば少年ダークファンタジーの金字塔になるんじゃないかってくらい心つかまれてます。

 

まとめ

作者曰く、この戦争はすさまじいボリュームになるそうです。

全てをなぎ倒していく主人公の戦闘シーンもカッコいいんですが、銀装兵団の戦略を駆使してオルトゾラと相対していくシーンも絶対に面白いはずなので見逃せません。

 

 

 

売れてほしい。

ひたすら売れてほしい漫画です。

本当に面白いから、ハガレンとかそっち系が好きな人なら絶対気に入るはずだから読んでない人は読んでみてください。

この作者の前作は打ち切りになってしまったそうなので絶対にラグナクリムゾンは打ち切ってほしくないので応援してます。

多分、こんな弱小ブログが書いたところで影響はないでしょうが、是非、御一読ください。

 

スポンサードリンク