スポーツ

【訃報】元俳優で競馬ジャーナリスト原良馬の経歴【近年は療養】

こんにちは、ショウゴです。

元俳優で競馬評論家の原良馬さんが24日の午前に千葉県浦安市の自宅で亡くなられました。

近年は体調を崩して療養を続けていたそうです。

恥ずかしながら存じ上げなかったので、経歴を調べてみました。

スポンサードリンク

原良馬プロフィール

名前:原 良馬(本名:荻原 昴)
年齢:享年85歳
学歴:慶應義塾大学中退
俳優座に6期生として入所
 
退所後は宗教雑誌発行の出版社勤務、フリーのルポライターを経て「週刊読売」に記者として入社
 
後に、有馬記念の特集記事を書いたことがきっかけで競馬ジャーナリストを目指すようになる
 
1年後にデイリースポーツを入社

他と違うことをやろうと、厩舎取材に専念

これが評判になり、他のスポーツ誌でも厩舎取材を行うようになり、他誌にも大きな影響を与えることになる

ネットの反応

内容を入力してくだありがとう、原良馬さん…(´;ω;`)シクシク

 

内容内容を入原良馬さんがお亡くなりになったことを家族に伝えたところ、我が家がお通夜状態になるほどに、てふてふ一家は原先生が好きでした。 ご冥福をお祈りいたします。力してください。を入力してください。

内容を入力してくテレ東の土曜競馬中継といえば原良馬さんでした。昭和から競馬界の有名人でした。心よりご冥福をお祈りします。

 

原良馬さん、ウイニング競馬で中学生から育った人間として寂しい限り

 

まとめ

晩年は体調を崩し療養のため『ウイニング競馬』などメディアに出演する機会が少なくなっていたようです。

ご家族はいないようで、喪主は弟の廸彦(みちひこ)さんが務めるようです。

 

 

スポンサードリンク