芸能ニュース

高畑裕太の今現在意外と真面目?芸能界復帰まで何してたの?

こんにちは、ショウゴです。

女優・高畑淳子さんの息子で二世タレントの高畑裕太さんが3年の謹慎を経て、芸能界復帰されるそうです。

謹慎の原因となった強姦致傷では不起訴となっていましたが、それでも復帰に対する世間の反応は厳しいようですね。

ふと、高畑裕太さんは謹慎中何をしていたのか気になったので調べてきました。

スポンサードリンク

高畑裕太 プロフィール

名前:高畑 裕太(たかはた ゆうた)

生年月日:1993年9月13日

出身地:東京都

血液型:A型

学歴:桐朋学園芸術短期大学卒業

両親:父 大谷亮介  母 高畑淳子

謹慎中何してたの?

2016年8月23日、前橋市内にあるビジネスホテルの女性従業員に性的暴行を加えたとして、逮捕されたのは記憶に新しいと思います。

母である、女優の高畑淳子さんが会見したという事で話題にもなりました。

その後、謹慎期間となるわけですが、しばらくは表舞台からスッパリと消えてしまいます。

都内の自宅から出ることもなくなり、身の回りの世話は母の淳子さんや姉のこと美さんがしていたようです。

ようやく新しい情報が出たのが1年後

遺品整理のバイトで少しずつ社会復帰

2017年9月の女性セブンにて、遺品整理のバイトをしているという記事が書かれています。

週に一回程度と頻度は高くないようですが、まだ気軽に外出できるような状態ではないから仕方ないと語られています。

山男になってた

2018年2月にフラッシュが直接インタビューしています。

その際は伸ばした髪を後ろでまとめて無精ひげを生やしたワイルドな風貌となっており、大分印象が変わっていました。

騒動後、母の淳子さんと話し合い、数か月間インドへの放浪の旅に出かけていたそうです。

帰国後は母の女優業の雑用を手伝いながら、舞台鑑賞に欠かさず足を運んでいるみたいです。

取材をした際は女性をバイクに乗せていて別れた直後だったみたいですね。

ただの登山仲間みたいです。

外にもでるようになり、社会復帰も順調のようで、遺品整理のバイトも続いているみたいです。

昨年の事件について聞かれると「ご迷惑をおかけしました。あれは自業自得じゃないですか。正直、そりゃ言いたいこともいろいろあるけど、これからどうするかが自分の課題だと思ってます。俺がいまさらあれこれ言ったとしても、一回事件を起こしたイメージは拭えないじゃないですか。俺としては新しいイメージにどう塗り替えるかを考えるのが先決だと思う」

芸能界復帰については喋ってはいけないことになってるみたいですが、口をつぐむ時点で、計画があると言ってるようなものですね。

引用:SmartFLASH

対応を見ると非常に好印象というか気のいいあんちゃんって感じですね。

スポンサードリンク




ダンサー・菅原小春と熱愛

2019年1月に週刊新潮にて、世界的に有名なダンサーの菅原小春さんと高畑裕太さんの熱愛を報じました。

ネット上では、熱愛相手である菅原小春さんに対して「男を見る目なさすぎ」という厳しい声が集まっているようです。

菅原小春さんも、ネットや周囲の話を聞く限り、変人と言われることが多いので馬が合ったのかもしれませんね。

既に菅原さんの自宅に通う半同棲状態で、結婚間近とさえ言われていましたが交際報道のわずか1か月後に破局報道

元々、菅原小春さんサイドの知人たちは交際に反対していて、高畑さんの事件をよく知らない菅原さんは色々と言われていたようです。

加えて売れっ子である菅原さんには多くのスポンサーがついており、そのイメージを崩しては巨額の違約金が発生する可能性を考慮する事務所としても快く思っていなかったみたいですね。

さらに『週刊新潮』が菅原さんの自宅まで直撃取材に行ったことが決定打になったんだとか。

それまでは菅原さんのお姉さんと一緒に彼女が出演する公演を見たり、マネージャーのように送り迎えや荷物持ちをしていた高畑さんですが、熱愛報道直後に両者の関係者も交えて話し合いが持たれ、最終的に今後は合わないしお互いに連絡も取らないという事になったそうです。

まとめ

うーん、波乱万丈な人生を送ってますね。

これでまだ25歳というんだから、、、今後大物になっていくかもしれません。

単純といえば単純だし、色々な事に一途な人っぽいですね。

 

お芝居にかける情熱は本物のようで、舞台を観劇したり、色々なお芝居のワークショップにも行ってるようです。

今回の復帰が決まったのも和田憲明さんという業界でもトップクラスの演出家が開催したワークショップに参加する形でオーディションを受け、そこでの演技力が評価されて合格を勝ち取ったという話です。

8月16日に東京・下北沢「小劇場B1」で初日を迎える「さよなら西湖クン」

非常に注目されそうです。

スポンサードリンク