マンガ

【呪術廻戦74話感想】覚醒五条に燃える!過去編どうなる!?

こんにちは、ショウゴです。

少年ジャンプの発売日ということで、ジャンプの感想記事です。

久しぶりに読んでてスカッとしたので、記事にします。

スポンサードリンク

五条悟復活!

 

五条悟、土壇場での復活

今まで出来なかった反転術式をマスターして、呪力の核心を掴み致命傷を回復

負のエネルギーを掛け合わせて正のエネルギーを生む・・・なるほどわからん

あの状況から回復とかどういうチートだよ!

覚醒五条の桁外れの戦闘

完全に逝っちゃってハイになってる五条の顔が素敵すぎます

今週は会話パートと戦闘パートで濃い仕上がりになってますがなにより爽快感が凄い

手に入れたおもちゃを楽しむように”反転術式”を攻撃に使います

溜まってたフラストレーションが一気にはじける瞬間ですね

人外の身体能力を持つパパ黒に化け物と言われるレベル

スポンサードリンク




パパ黒は天与呪縛の最高峰?

Q.伏黒の父親は、なぜ呪力がないのに呪いに対して耐性があるんですか?

教えて!芥見先生

パパ黒の呪縛は真希より強いです。

一般人並みの呪力を残した真希に対してパパ黒は完全に呪力0です

じゃあなぜ真希に呪いの体制がなくパパ黒にはあるのかというと

呪縛による強化が行き過ぎて目が超良い、お腹も超丈夫

呪いも見えるし、呪霊をお腹に入れても平気な体になってるからです

パパ黒は完全に呪力を捨てることで逆に呪いの耐性を得た、珍しい天与呪縛の中で一周回った更に珍しい存在です

こちらも五条程ではないにせよチート過ぎませんか!

五条の攻撃受けて生きてるのも頑丈すぎるし強すぎますね。

まとめ

前半部で呪術廻戦の呪術界の事情、盤星教の思想に触れて、呪術廻戦の世界に奥行きが出ましたね

本当によく作り込まれた作品なのでアニメ化も近いかもしれません。

スポンサードリンク