マンガ

【進撃の巨人122話感想】ユミルの生い立ち判明して伏線回収の嵐

こんにちは、ショウゴです。

長い1ヶ月が過ぎてようやく、進撃の巨人122話が見れました。

衝撃に次ぐ衝撃の展開

諌山先生・・・あんたすげえよ!

122話のタイトルは『二千年前の君から』

第1話の『二千年後の君へ』との対比であり、様々な伏線回収がある物語の根幹をなす神回なのは間違いありません。

「道の少女」「始祖ユミル」は一体なんなのか?

「二千年後の君」とは・・?

スポンサードリンク

進撃の巨人122話あらすじ

およそ2000年前、現在の「道の少女」が生きていた時代は争いの絶えない時代だったようです。

王族がある村を侵略、その村の人間には処罰が与えられる

ある者は舌を切られ、ある者は目をくりぬかれ、ある者は奴隷となる

そんな世界だからこそ、こんな言葉が投げかけられます。

『みんなが愛を持つ人として生きるべき』

他人に寄り添って生きていかなくちゃならないから。

 

王族が侵略した村から奴隷となったユミルもまた、捕虜の一人となって連れられて行きました。

みすぼらしい服装のまま、壺を運びながら、ある2人の結婚式を眺めていました。

自分にもそんな日が来るのかと・・・。

 

辛くて厳しい世界の下に

光も届かぬ世界がある

スポンサードリンク




ユミルが巨人の力を得る

ある日、王が捕虜となっている人々を一か所に集めます。

家畜となる豚が逃げてしまったと憤慨しながら、犯人を捜していました。

「お前たちの中に、豚を逃がした人物がいるだろう。

自ら名乗り出よ。

犯人が名乗り出なければ皆の目をえぐらせてもらう。

奴隷なのだから二つも眼球などいらないだろう?」

戸惑う奴隷たちですが、やがて一斉に犯人を指さすことになります。

それがユミルでした。

 

戸惑うユミルは周りを見ますが指を刺した人達からは憐みの視線を受けるだけ

ユミルが犯人でないのは明らかでしたが、断れないユミルの性格を逆手に取り、奴隷たちはユミルを犯人に仕立て上げました。

ユミルはうなだれ、王にひれ伏してしまうのでした。

 

「よかろう、お前は自由だ」と王はユミルに伝えます。

 

森の中にユミルは解き放たれますが、ほどなくして王の部下や犬に追われるユミル

ユミルは矢が刺さり血だらけになりながら必死に逃げます。

もうダメかと思った先でユミルは大きく太い樹を見つけます。

周りの樹と比べても比較にならないほどの大きさ

ユミルは惹かれるように樹に近づき、根元の洞窟のような穴を見つけます。

 

「隠れることができるかもしれない・・・」

 

ふらふらと洞窟の中に入るユミル

しかし、足を滑らせ落ちた先で大きな水たまりに飛び込んでしまいました。

もう自ら上がる体力もなく、その水たまりの落ちていくだけ。

 

しかし、沈む中で脊髄のような、背骨のようなものが浮いていました。

息絶えようと落ちていくユミルがその脊髄のようなものに近づくと

 

なんとその脊髄のようなものから糸状の触手が伸びていき、ユミルの背にくっついたのです。

脊髄から神経網のような筋が動き出しユミルの背中に接触

その瞬間、爆発が起こりました。

 

爆煙が起こる中、姿を現したのは骸骨状態で巨人化したユミル

これが、ユミルが巨人化した時の全容です。

↓『進撃の巨人』最新刊もU-NEXT読める

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35PZ2F+490F8Y+3250+67C4H” rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”300″ height=”250″ alt=”” src=”https://www21.a8.net/svt/bgt?aid=191008455257&wid=001&eno=01&mid=s00000014274001042000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www10.a8.net/0.gif?a8mat=35PZ2F+490F8Y+3250+67C4H” alt=””>

巨人の力を利用されるユミル

その後、力を振るい王になったのかというとそうではなく

殺されない代わりに党の奴隷として存在することになってしまうユミル

恐らく、自己主張が出来ない本当にただの女の子だったんでしょう・・・。

巨人の力を得たユミルを王は高く評価します。

道を開かせ、土地を耕させ、山にわたる橋を建設させ、エルディアの部族は大きくなったと喜ぶ王

 

ユミルは悲しい顔をしながらも、ひれ伏すしかありませんでした。

 

ユミルの力を更に我がものとすべく、王は報酬としてと、ニヤニヤした顔をしながら「我が子を産むこととしよう」と伝えます。

フリッツの名の元、憎きマーレを滅ぼすのだと

ユミルはフリッツ家に入ることになります。

スポンサードリンク




ユミルの死

ユミルの巨人化の力によりフリッツ王家は急速に力を増大させていきました。

マーレ国の兵士たちをなぎ倒し、勢力を拡大させていくフリッツ家

そのさなか、ユミルは王の子供を三人産みました。

 

ある日、フリッツ王のもとに集まった兵士達

ユミルも三人の子供たちと一緒に王の傍に付き、王の話を聞いています。

しかし、フリッツ王の周りには多くの女性がいる様子

王にとってユミルは妾の一人にすぎないという事なのでしょう

 

フリッツ王が何かを兵士たちに伝えていると、突如一人の兵士が反乱を起こします。

王に向かって槍を投げる兵士。

しかし、間一髪でユミルが体を張り、盾となってその槍を受け王を守ります。

子供たちは涙を流し、兵たちは混乱しユミルの傍に駆け寄ります。

 

助けられたはずの王は、自身を守ったユミルに向かい、冷酷な言葉を投げかけます。

 

何をしている

立て

お前は槍では死なないだろう

立って働け、それがお前がこの世界に生まれた意味だ

我らの奴隷、ユミルよ

 

しかし、ユミルは立ち上がることはありませんでした。

そして、気づくとユミルは謎の空間に存在していました。

 

現実世界でのユミルの死に激怒した王は、なんとユミルの身体をズタズタに切り刻んでしまいます。

「ユミルの身体を食べろ、娘達

そうすればユミルの力がお前たちに継承される」

娘達の名前は、「マリア」「ローゼ」「シーナ」

正に壁の守り神だったわけですね。

スポンサードリンク




ユミルが辿り着いた世界

ユミルが辿り着いたのは『座標の世界』でした。

しかしそこに、いつしかフリッツ王の言葉が響き渡ります。

 

フリッツ王が死の間際に、3人の娘、マリア、ローゼ、シーナに伝えます。

娘達よ、これからも多くの子供を産み育てるのだ。

決して、ユミルの血を絶やしてはならない。

お前たちが死ぬときは、孫たちにお前の背骨を食べさせるのだ。

孫たちが死ぬときは、その子供に孫の背骨を食べさせるのだ。

そうすれば、我の死後も、エルディアは永遠に巨人の力でこの世界を支配できる・・・

なんという呪いでしょう。

マーレが言っていたエルディアは呪われた民というのはあながち間違いじゃないかもしれません・・・。

エレンの叫び

我が巨人は永久に君臨し続ける。

我が世が尽きぬ限り、永遠に・・・。

ユミルはフリッツ王が子供たちに伝えた遺言通り、自分の役割を全うしようと言い聞かせるように、座標の世界で巨人を作り続けるのでした。

そのとき、エレンの声が響きます。

 

終わりだ!!

 

エレンは始祖ユミルにか追いつき、後ろから抱きしめました。

そして、エレンがユミルの耳元で、はっきりと聞こえるように叫びました。

 

俺がこの世を終わらせてやる!

俺に力を貸せ!ユミル!!

 

エレンは未来永劫、巨人の力を残す、という言葉に非常に強く反応していたのです。

そしてエレンはユミルにさらに伝えます。

君は奴隷じゃない。

君は神でもない。

ただの人間なんだ。

誰にも仕える必要なんてない、自由に選択できるんだ!

 

ユミルをただのシステムと言っていたジークはエレンの行動がマズイと思ったのか、慌てて駆け寄ってきます。

なんて言ったんだ!?エレン!!

この世界を終わらせるといったのか!?

やめろ!何をしようとしているんだ!!

 

しかし、そんなジークの言葉をよそに、エレンは更に言葉を続けます。

 

何をするかは自分で選ぶんだ、ユミル!

永遠にここにいるのか、それとも終わらせるのか。

自分で選んでいいんだ!

スポンサードリンク




1話タイトルの伏線回収!!

ジークは再度ユミルに命令します。

俺がお前に命じたとおりの行動をすればいいんだ、ユミル!

エルディア人の生殖能力を奪えと言っているんだ!!

 

早く、今すぐにやれ!!ユミル!!

俺は王族の子孫だぞ!!

 

しかし、エレンの言葉がユミルに優しく語り掛けます。

 

俺をここまでずっと導いてくれたのは、君なんだよな?

君はずっと待ち続けていたんだね。

2000年前から、誰かを。

 

ここで初めてユミルの目がハッキリと描かれます。

自分の気持ちを取り戻したのか、悲しそうに、悔しそうに、涙を流すユミル

 

ユミルは死んでもこの座標の世界でぞっと奴隷の役割を担っていたため、永遠に奴隷でいるしかないのだと諦め、考えることすら辞めてしまっていたのかもしれません。

2000年後の君はエレンだったわけですね

主人公なんだから当然と思う方もいるかもしれませんが、いざ、ここまで綺麗に描かれると感情が爆発します。

面白すぎるよ諌山先生!!

スポンサードリンク




地ならし発動

場面は『座標の世界』から現実の世界へ戻ります。

 

ガビがエレンを撃ち、飛ばされたエレンの東部をジークが手で取ります。

すると、エレンの首から始祖ユミルの巨人の背骨のようなものが一気に生えて再び胴体と繋がりました。

同時に壁にヒビが入り、地響きが起こると共に壁が一斉に壊れていきます。

この状況に驚愕するアルミン、ミカサ、ピーク、マガト

追って、地上にいるガビ、ライナー、コニー、ジャン

ライナーは「ガビ!」と叫び手を伸ばし助けようとします。

 

現れた無数の超大型巨人、そしてエレンも巨人化

 

もう、止まりはしない!!

 

煽りと共に次回へ続きます。

↓『進撃の巨人』最新刊をお得に読める

スポンサードリンク