事件ニュース

東須磨小学校教員いじめ問題 被害教諭が暴行被害として被害届提出

こんにちは、ショウゴです。

神戸市須磨区の東須磨小学校での教員間いじめ問題で進展があったので、まとめたいと思います。

いじめなんて言葉使っていますが、内容は非常に悪質でいい年した大人がやるようなものではありません。

被害者の方は心に非常に大きな傷を負ってしまったようで、不眠や、呼吸困難に苦しんでいるという事です。

スポンサードリンク

被害男性が被害届を提出

主にいじめを受けていて、現在体調を崩して休んでいる被害者の20代男性教員が、11日代理人の弁護士を介し、兵庫県警に暴行容疑で被害届を出しました。

加害側の教員について、市教育委員会が懲戒処分を視野に調査していますが、悪質な行為だとして捜査による全容解明を求めています。

名古屋大学大学院准教授内田良さんの意見

そもそも暴行・いじめは一年前から起きていながらも、それが表面化することはありませんでした。今回これほど大きく報道されたから、被害届を出すという流れにまでたどりついた。そう考えると、報道がなければ、何事もなかったかのように被害者が泣き寝入りしていったのだと思います。
学校内で起きた暴力事案は、その被害者が生徒であれ教師であれ、教育や指導の名のもとに秘匿されることが多くあります。まずは今回のように被害届を出すというところから、ちゃんと問題を可視化させたうえで、法的に対応すべきです。

いじめという言葉は無くすべきなのかもしれませんね。

芸能界でも事件に言及

TOKYO MX「バラいろダンディ」では

梅澤富美男さんが「いじめられた、いじめられたって言ってるけど、あいつも男なんだろ。さっさとやり返せばいいじゃねぇかよ。何で黙ってなきゃいけないんだよ」

とコメントしました。

このコメントに対してネットでは

やり返すのは暴力だけに限らない。
校長に相談して、何も変わらなかったんでしょ。
最終的には欠勤して、家族がしかるべき場所に通報したのなら、やるべき事をやったと言えるでしょ。

力関係も人数も相手方が上だと逆らえなくなるのも無理はない。
この発言は苛められる側にも責任があると言ってるようなものだ。
少なくとも被害者に全く非がない状況でこれを言うのは間違っている。

そんなわけにはいかない人もいる。
そんな勇気出ない人もいる。
言っても信じてもらえない人相手にされないひともいる。
この被害者もやり返せばいいとか安易に言うのはさすがに違うと思います。

賛否両論のようです。

あとがき

個人的には、一刻も早く加害者側の懲戒処分と教員免許の剥奪を希望しますが、まだまだ余罪が多いようで全容の解明とはいかないようです。

警察や校長には是非厳しい処分を下してほしいですね。

スポンサードリンク