マンガ

【訃報】吾妻ひでおさん死因は食道がん!年齢・家族・子供等wiki経歴【失踪日記】

こんにちは、ショウゴです。

『失踪日記』で知られる漫画家の吾妻ひでお(あづまひでお)さんが亡くなりました。

69歳でした。

数年前から自身のウツや失踪、アルコール依存症等、壮絶な生活について漫画執筆しており、日本漫画家大賞にも選ばれた方です。

今回は吾妻ひでおさんについてまとめたいと思います。

スポンサードリンク

吾妻ひでお死去 関係者が本人アカウントのSNSで告知

ヤフーニュースでも速報が流れました。

「失踪日記」で知られる漫画家の吾妻ひでお(あづま・ひでお、本名日出夫=ひでお)さんが13日未明、東京都内の病院で死去した。69歳。北海道出身。葬儀・告別式は近親者で行った。食道がんで闘病していた。

 1969年にデビュー。テレビアニメ化もされた人気作「ななこSOS」のほか、「ふたりと5人」などのギャグ漫画を多く手掛けた。

 一方で、2度も失跡したり、アルコール依存症で入院したりするなど型破りに生き、漫画執筆が何度も危ぶまれた。心身が回復する過程で壮絶な実体験を漫画に描き、2005年「失踪日記」として出版。同年の日本漫画家協会賞大賞に選ばれた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000050-kyodonews-cul

吾妻ひでおさんwiki経歴・プロフィール

名前:吾妻ひでお(あづまひでお)

本名:吾妻日出夫(あづまひでお)

生年月日:1950年2月6日

没年月日:2019年10月13日(享年69歳)

出身地:北海道十勝郡

高校卒業後、凸版印刷の会社に就職するが1ヶ月で退職

アシスタントをしながら自身でも漫画を描く

1969年にデビュー

70年代はマイナー誌でSF・ロリコン・ナンセンスの要素を盛り込んだマニアックな作品を次々に作り「吾妻ブーム」を巻き起こした

1978年『不条理日記』は翌年に日本SF大会で星雲賞(コミック部門)を受賞

1985年頃から低迷期に入り、自殺未遂や失踪を起こし、アルコール依存症のため精神病院に入院

2005年にそれらの体験を描いた『失踪日記』を出版し、注目を浴びる

一度目の失踪を描いた「夜を歩く」、二度目の失踪を描いた「街を歩く」、アルコール依存と治療の時期を描いた「アル中病棟」を収録している。出版とともに各メディアで話題となり、第34回日本漫画家協会賞大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第37回日本SF大会で星雲賞ノンフィクション部門を受賞した。

テーマの暗さにもかかわらずあっけらかんと描かれているが、吾妻は「自分を第三者の視点で見るのは、お笑いの基本ですからね」と片づけている

スポンサードリンク




ネットの反応

「うつうつひでお日記」について2006年、吾妻さんに取材のお願いをしました。
書面でなら答えます、とお返事があり、質問を送ると、ユーモアをまじえて回答いただきました。かわいらしい自画像のイラストも添えられていました。
アルコール依存やうつ病の体験を、漫画で伝えてくださった吾妻さん。もともとのファンだけでなく、励まされ、共感した人はたくさんいると思います。ありがとうございました。

失踪日記等を読んでいると69歳まで生きておられたのが不思議なくらい波乱万丈な方でした。
楽しい作品をありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

僕自身は作品を読んだことはありませんが、僕が好きな作家さんやクリエイター達が哀悼の意を示しているのを見ると偉大な方だったんだなと思います。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

本日は以上です。

ではまた。

スポンサードリンク